為替ビギナーが知っておくべき知識

為替ビギナーが知っておくべき知識

為替取引は、日々の世界情勢によって動きます。景気のいい国は利上げを始めていますし、これから利下げをして景気刺激をしようとする国もあります。今の日本は、これ以上利下げができないので国債の買取を始めています。日本円の価値を下げると宣言しているわけです。アメリカが莫大な金額の国債購入をして景気刺激をしたことで現在景気回復を果たしていることはニュース等で報道されているとおりです。

国債を中央銀行が買い取ることは、中央銀行が紙幣の印刷を無尽蔵にして国庫に提供していることを意味します。最近日本も国債が危ないという論調が増えてきましたが、このように無尽蔵な国債買い入れが日本円の価値を不当に落としてしまっていることに対する警告です。

通貨価値をわざわざ下げることの是非は別にして、各国の事情によって中央銀行の政策に差が生じて、結果として為替相場が動きます。基本的に金利が高かったり、景気がいい国の通貨に投機マネーは集中する傾向があります。このような要因により為替相場が動きます。要は、バランスがあり落ち着くところに落ち着いているという話なのです。

為替相場では、歴史的な法則に沿っていない価格変動をしている場合があります。それは、中央銀行が無理やりルールを捻じ曲げる金融操作をしているためです。最近は少なくなりましたが、為替介入と言われる手法を取るのです。当然バランスに欠けた相場展開になるため、投機筋が狙ってきます。しかしそれは捻じ曲げた方向に経済を持っていきたいという中央銀行の意思があるためで、いずれはその方向に経済が動いていき、為替相場もそれに合わせて新しいバランスを取ります。

このような為替相場のバランスを知るためには、為替ビギナー講座を受けてチャートの読み方やプロの手口を学んでも意味がありません。日々のニュースを丹念に読み取ることが必要なのです。為替取引は経済情勢のバランスで成立するという事は覚えておくべきでしょう。決して賭博ではないのです。

copyright(C)為替ビギナー講座