素人投資の極意

素人投資の極意

為替取引をこれからやっていこうとする人にとって、どのような投資手法が適しているのか迷っている人も多いはずです。FX業者がテレビ等で大宣伝をしているため、FXが為替取引のスタンダートがと思っている人も少なくないでしょうが、為替ビギナーの方がする取引ではありません。

FX取引とは、為替の先物取引です。一定の証拠金を預けてその10倍以上の通貨を売買します。金利の高い通貨を買う取引をすれば利息が入るシステムにはなっていますが、最近どこの通貨の金利も低いのであまり期待はできません。そのため、どうしても短期売買になります。

プロのトレーダーの現場をテレビ等で見たことがある人も多いでしょうが、5つか6つのパソコンモニターを同時に設置し、その画面を見続けています。あの画面には世界中のニュースが流れていたり、各通貨のリアルタイムの価格変動が表示されています。中央銀行の要人発言があると、各トレーダーが同一の行動をとるため値動きの幅が広がります。

FX取引をしていた人が、ある朝起きたら自分の証拠金が消滅しており追加の入金を求められたという話を聞くことがあります。プロは24時間体制で為替変動を見ていますが、素人にそのような真似はできません。素人がFX取引をすること自体無理があるのです。
しかし、現物取引であればそのような心配はいりません。為替相場には長期的な波があり、10年から20年程度のチャートを見ると上限と下限が見えてきます。スーパーの安売りと同じで、為替にも安売りセールの様な時期があり、その時期に外貨預金として預けておけばいいのです。そのうちに価格変動で価値が上昇します。

決算期に追われるプロにこのような長期的視野に立った投資はできません。プロのトレーダーは1日単位での勝負が義務付けられており、損益を確定させなければいけません。素人には素人なりの投資手法があります。現物取引に徹することで長期的な利益を稼ぐことは十分に可能です。

copyright(C)為替ビギナー講座